利用量の内訳を取得するには

利用量の内訳を取得する方法について記載します。

AccessToken の RoomSpec.classification_label (RICOH Live Streaming Access Token 外部仕様)に任意の文字列(IDString型)をセットしていただくことで、
その label ごとに集計した利用状況データ(総接続時間/Room利用時間/データ量)をご提供可能です。

利用例

  • アプリ側で管理しているエンドユーザーごとの ID (※)を classification_label に設定することで、エンドユーザーごとの利用状況データを取得することができます

※ classification_label には個人情報を入れないようにお願いします。