送受信モードで配信する場合、参加拠点数が多いとクラッシュする

送受信モード(ConnectOptions.receivingがtrue)で接続している場合、配信先が多いとクラッシュします(例:THETA Z1では配信可能なのは15拠点まで)。配信先がミュートなし、あるいはsoftmuteのとき発生します。また、この障害は送信のみ(ConnectOptions.receivingがfalse)で接続している場合や、配信先がhardmuteしている場合は発生しません。