RICOH Live Streaming Service 利用料金

利用料金概要

料金 = 接続基本料金 + 通信量料金 + Room帯域幅予約料金

  • 接続基本料金
    • 接続形態(P2P/TURN, SFU)によらず、接続毎の延べ接続時間(分単位)に対して課金されます。
  • 通信量料金
    • TURNサーバー利用時や、SFUサーバー利用時に、実際のデータ通信量に対して課金されます。
  • Room帯域幅予約料金
    • SFUサーバー利用時に、Roomの最大帯域幅設定値とRoom利用時間(分単位)に対して課金されます。

利用料金詳細

接続基本料金

接続基本料金説明

※上記の場合、3接続 + 1接続(画面共有)の4接続分の接続基本料金が時間ごとに発生します。

通信量料金

  • P2P/TURNの場合

TURN経由データ分(上り、下りの合計値)の通信量料金が発生します。

(TURNを経由しないP2P接続は無料)

通信量料金(TURN)説明

※上記の場合、TURNを経由する2接続(①、②)に対して通信量料金が発生します。TURNを経由しない➂に対しては通信量料金は発生しません。

  • SFUの場合

全接続が送受信した実際のデータ量(上りと下りの合計値)に応じて通信量料金が発生します。

通信量料金(TURN)説明

※上記の場合、3接続 + 1接続(画面共有)の4接続分の実際のデータ量分の通信量料金が発生します。

Room帯域幅予約料金

Room帯域幅とは最大品質に応じて、利用したい最大帯域幅(上りと下りの合計値)を予約帯域幅としてMbps単位で設定することができます。

設定したMbpsの値に対応した金額が1分毎にRoom帯域幅予約料金として発生します。

  • 多拠点/高品質が必要なケースほど広いRoom帯域幅予約が必要となります
  • 接続数などとは関係無く、設定が成功した時点で多拠点/高品質通信のためのキャパシティが確保されます
  • 予約帯域幅は映像音声品質の最大値に相当するものであり実測値ではありません。そのため、利用されているデバイス、解像度、ネットワークの状況により、実帯域幅と予約値の間に差異がでる事があります
  • 実測値ではなく設定値に応じたRoom帯域幅予約料金が発生します
  • 実際の通信状況は通信量料金に反映されて料金が発生します